事務の求人内容は手厳しい

事務の求人内容は手厳しい

介護事務職員の求人に応募をするために

事務の求人内容は手厳しい
介護福祉施設での仕事として挙げられるのは、第一に利用者様の介護を行うヘルパーです。続いて、その利用者様の体調を管理する看護師であったり、他の施設との兼ね合いを調節する生活相談員であったりと、様々な務めがあります。その中の1つに、介護事務員というものがあるのですが、私は今、介護福祉施設に勤めていて、この介護事務の仕事をしています。介護事務員の行う仕事とは、利用者様の個人情報や利用頻度の管理であったり、働いている職員のシフトの管理であったり、同じ施設同士との情報の共有も行います。私はこの仕事に就くにあたって、もちろん求人に応募をしたのですが、その前に行わなければならないことがありました。それは、資格を取得するということです。介護事務にはその資格があり、私の勤めている介護福祉施設の求人にあった応募条件には、その資格が必須となっていました。そこで私は、この求人に応募をするために、まずは資格の取得の勉強に取り組むことにしました。

アルバイトをしながら通信教育講座を受講して、約1年間かけて資格を取得した私は、ようやく介護事務員の求人に応募することができたのです。そうして就職することのできた今、資格というものの強さを実感しています。利用者様たちが笑って施設に来られる様子を見ていると、介護事務職員としてその管理を努めなければならないという意思につながり、仕事への意欲も増します。これからもこの仕事を続けていきたいです。

Copyright (C)2018事務の求人内容は手厳しい.All rights reserved.