事務の求人内容は手厳しい

事務の求人内容は手厳しい

経理事務の求人に興味を持ったこと

事務の求人内容は手厳しい
お金は絶対に裏切らないというのが私の中にある人生の定義であり、これほどにも信用できるものはないと思っています。私は今、それを目の前にして仕事をしていて、自分にぴったりの就職を決めることができたと思っています。それは食品会社の経理事務の仕事で、会社の経営状況が手に取るようにわかり、仕事に対して楽しいという気持ちを持って働くことができているというのは、これがきっと私にとっての天職だったからでしょう。元々私がこの仕事をしようと思ったのは、経理事務員として働いておられる先輩がいらっしゃり、その経理事務の仕事について教えていただいたことがきっかけでした。当時私は、自分にどういった仕事が合っているのかがわからず、就職活動をしようにも、求人を探すことすらできずにいました。そんなとき、先輩が務めている経理事務員という働き方について聞かせてくださったのです。経理事務員が行うのは主に会社の経営におけるお金回りの管理で、会社の経営の状態が手に取るようにわかると伺いました。

時に勤めている社員の給料にまで目を向けることもあるそうで、一般事務員にはないことを経験できると教えてくださったのです。元々お金に対しての興味の強かった私は、自分には経理事務の仕事が向いているのではないかと思い、今勤めている食品会社の求人にエントリーすることに決めました。そうして働いている今、この食品会社のお金回りは私の手の中にあるようで、とてもやりがいを感じています。

Copyright (C)2018事務の求人内容は手厳しい.All rights reserved.